このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の一軒家へのニーズや人気

賃貸の一軒家へのニーズや人気

賃貸物件の契約をするとき初期費用としてかなりまとまった金額が必要に伊なります。そして具体的な金額は物件胃より違いますが、一人暮らしの時でもおおよそ30万円ぐらいは考えておいたほうがいいです。そして初期費用については不動産会社から請求明細がとどきますが、はっきり行って項目はたくさんありますが、どれが何に使われてどうなって行くのかよく分からない費用ばかりでしょう。そこで賃貸契約にかかる初期費用が一体に荷に使われているものかを解説します。初期費用の請求明細に載っている項目で一般的なものは初月の家賃や共益費や礼金や仲介手数料や火災保険料などで、このうち家賃や共益費はその名の通りです。

通常は指定の口座へ振り込みますが、最初の月に関して、面倒がないようにといったことで初期費用の中でまとめて支払をすることになります。そして敷金と礼金は貸主へ渡るお金で敷金はなにか不慮の事態が起きたときの支払い分に充当したり、退去時のクリーニング費用に充てられたりするもので、貸主が一時的に預かっているお金です。その為に領収書ではなく預かり証といったものが発行されます。礼金も同じく貸主へのお金で、これは単純に貸主の報酬となり戻ってくることはないです。

注目情報



Copyright(c) 2016 賃貸の一軒家へのニーズや人気 All Rights Reserved.